初心者のためのLinuxコマンド: hostnameコマンドの実行例

システムのホストネームを表示するのが、hostnameコマンドです。
書式は以下のようになっています。

hostnameコマンドの書式
hostname [option]

それでは、いくつかhostnameコマンドの実行例を紹介します。今回はホスト名をFQDNで登録した場合ショートネームで登録した場合の2パターンで実行してみます。
なお、以降の実行例はUbuntu 17.10で実行しています。
 

目次

 
はじめにFQDNで登録したパターンです。
 

1. FQDN形式でホスト名を登録した場合

FQDNはショートネーム+ドメイン名のような形式です。今回は、以下のようなホスト名を登録してみます。
ubuntu.localhost
 
なお、/etc/hostsに以下のレコードが登録されているものとします。

XXX.XXX.XXX.XXX    ubuntu.local    ubuntu

 

1.1. ホスト名の設定

hostnamectlコマンドでホスト名の設定を行います。

$ sudo hostnamectl set-hostname ubuntu.local

 

1.2. ホスト名を表示する。

オプションの指定をしないで実行すると、システムに設定されているホスト名を表示します。

$ hostname
ubuntu.local

 

1.3. ショートネームを表示する。

-sオプションを利用するとショートネームを表示します。ショートネームはホスト名の最初のドットまでの文字列です。

$ hostname -s
ubuntu

 

1.4. ドメインを表示する。

-dオプションを利用するとドメイン名を表示します。

$ hostname -d
local

 

1.5. FQDNを表示する。

-fオプションを利用するとFQDNを表示します。

$ hostname -f
ubuntu.local

 
次にショートネームで登録したパターンを見てみます。
 

2. ショートネームでホスト名を登録した場合

以下のようなホスト名を登録してみます。
ubuntu
 
なお、/etc/hostsに以下のレコードが登録されているものとします。

XXX.XXX.XXX.XXX    ubuntu.local    ubuntu

 

2.1. ホスト名の設定

hostnamectlコマンドでホスト名の設定を行います。

$ sudo hostnamectl set-hostname ubuntu

 

2.2. ホスト名を表示する。

オプションの指定をしないで実行すると、システムに設定されているホスト名を表示します。

$ hostname
ubuntu

 

2.3. ショートネームを表示する。

-sオプションを利用するとショートネームを表示します。ショートネームでホスト名を登録している場合、hostnameコマンドのデフォルトと同じ結果になります。

$ hostname -s
ubuntu

 

2.4. ドメインを表示する。

-dオプションを利用するとドメイン名を表示します。

$ hostname -d
local

 

2.5. FQDNを表示する。

-fオプションを利用するとFQDNを表示します。

$ hostname -f
ubuntu.local

 
以上、hostnameコマンドの実行例の紹介でした。