[CentOS7] タイムゾーンを設定する

CentOS7でタイムゾーンを設定するには、timedatectlコマンドを利用します。

timedatectl – Control the system time and date

ここでは、timedatectlコマンドの利用例を紹介します。

1. 現在の日時設定を確認する

現在の日時設定を確認するには、timedatectl statusを利用します。

# timedatectl status
      Local time: Fri 2016-03-18 16:37:35 JST
  Universal time: Fri 2016-03-18 07:37:35 UTC
        RTC time: Fri 2016-03-18 07:37:35
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

 

2. タイムゾーンの一覧を表示する

タイムゾーンの一覧を表示するには、timedatectl list-timezonesを利用します。

# timedatectl list-timezones
Africa/Abidjan
Africa/Accra
Africa/Addis_Ababa
Africa/Algiers
Africa/Asmara
Africa/Bamako
Africa/Bangui
:
:

 

3. タイムゾーンを設定する

タイムゾーンを設定するには、timedatectl set-timezone [TIMEZONE]を利用します。
以下の実行例はタイムゾーンを、’Asia/Tokyo’に設定する例になります。

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

 
以上、CentOS7でタイムゾーンを設定する方法の紹介でした。