[Linux] Terraformをインストールする方法

Terraformはインフラの構築、変更、バージョン管理を安全かつ効率的に実行するためのツールです。

Terraform is a tool for building, changing, and versioning infrastructure safely and efficiently. Terraform can manage existing and popular service providers as well as custom in-house solutions.

今回はTerraformLinuxにインストールする方法を紹介します。
※以下の実行例では、Ubuntu 18.04を利用しています。

1. インストールをしてみよう

Terraformは1つのバイナリファイルだけで構成されています。インストールは以下の手順で実行できます。

1.1 Terraformをダウンロードする

公式ページからTerraformの圧縮ファイルをダウンロードします。今回は記事執筆時点の最新版(0.11.9)をダウンロードしました。
https://www.terraform.io/downloads.html

$ wget https://releases.hashicorp.com/terraform/0.11.9/terraform_0.11.9_linux_amd64.zip

1.2 ファイルを解凍する

ダウンロードしたファイルはzip形式で圧縮されているので、unzipコマンドで解凍します。

$ unzip terraform_0.11.9_linux_amd64.zip

1.3 パスの通ったディレクトリへ移動する

解凍したファイルをパスの通ったディレクトリへ移動もしくはPATHの追加を行います。
今回は/usr/binディレクトリへ移行させました。

$ sudo mv terraform /usr/bin
$ which terraform
/usr/bin/terraform

2. 実行確認をしてみよう

正常にパスの通ったディレクトリへインストールされたか、確認をしてみましょう。terraformコマンドを実行して、以下のようなヘルプ画面が出力されればインストールは成功です。

$ terraform
Usage: terraform [-version] [-help]  [args]

The available commands for execution are listed below.
The most common, useful commands are shown first, followed by
less common or more advanced commands. If you're just getting
started with Terraform, stick with the common commands. For the
other commands, please read the help and docs before usage.

Common commands:
...省略...

3. まとめ

TerraformLinux環境へインストールする方法を説明しました。単一のファイルを解凍し、パスの設定をするだけなので簡単にインストールできます。
 
以上、TerraformをLinux環境へインストールする方法の紹介でした。